2014年10月25日(土)METALUTION Jazz Live

selectivelive 16_ok最終10月25日(土)は、テナーサックス佐藤達哉とヴィブラフォン浜田均の最強金属デュオ、METALUTIONのJazz Liveを予定しております。
METALUTIONはコンテンポラリーなスタイルを基本としつつも、モダンジャズの伝統をこよなく愛し「ゴリゴリ」から「むせび泣き」まで巧みに操る日本を代表するテナーサックスの巨匠佐藤達哉と、その音楽性は日本に留まらず世界的なレベルにまで達しているヴィブラフォンの至宝、浜田均とのスリリングかつダイナミックなデュオ! 演奏技術の確かさは言うに及ばず、二人が信条とするジャズのスピリット、歌心、スイング感を驚異的なインタープレイを繰り広げながらお届けします。

 

Vibraphone 浜田均
1953年北海道富良野に生まれる。
函館ラサール高校卒業後、東京都立大学に進学するが傍ら早稲田大学モダンジャズ研究会に参加して演奏活動を始める。卒業後、東京芸術大学別科打楽器に進学して、有賀誠門、高橋美智子に師事する。
修了後、「猪俣猛&フォース」でプロデビューし、ジャズヴァイブラフォン奏者として高い評価を得る。
解散後FM放送のパーソナリティーを担当、様々なミュージシャンのアルバムに参加し、大学の講師を務めるなど、多彩な活動を繰り広げる。
長年にわたり尺八奏者のジョン海山ネプチューンをサポートし、特に「竹竹」は注目を浴びている。
2005年と2010年には和太鼓奏者ケニー遠藤のグループのメンバーとして全米ツアーに参加。
2013年還暦記念音楽会シリーズを年間を通して行っている。

Tenor Saxophone 佐藤達哉
1957年12月23日東京生まれ。早大モダンジャズ研究会出身。
C.アダレーやJ.コルトレーンに憧れ、大学入学の頃より独学でアルトサックスを始める。
途中からテナーサックスに転向し、卒業の頃よりプロ活動を開始する。
現在は自己のカルテットの他、高内春彦(g)とのデュオ活動、佐藤春樹(tb)G、早川由紀子(p)G,
原信夫♯&♭、エリック宮城EMビッグバンド、松岡直也We Sing他いくつかのバンドのレギュラーを勤める。同時に洗足学園音楽大学ジャズコースで教鞭を取り、多くの生徒を指導する。
2009年9月皇居内桃華楽堂にて原信夫♯&♭で御前演奏を行う。
6枚目のリーダー作になる高内春彦とのデュオ第2弾、Other Hand ~ Live at Last Waltzを2012年4月にリリース!

METALUTION 「Minor Resolution」発売記念ライブ
日時/2014年10月25日(土) Open 14:30 Start 15:00
料金/お一人様3,000円(ワンドリンク付きソフトorアルコールのどちらか)
お席には限りがございますので、事前のご予約をおすすめいたします。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
チケット取扱い/TEL 0138-54-1230 株式会社ホーム企画 高田まで

2014年10月25日(土)METALUTION Jazz Live」への2件のフィードバック

  1. 木村拓美

    浜キンこと浜田均の函館での久々となるライブなので、大変楽しみです。還暦も過ぎて円熟味を増した演奏を期待していますよ。

    返信
    1. caferest axis 投稿作成者

      木村様
      浜キンさんあ、浜田さんのライブ、函館では久々なのですね!大変光栄です…. ライブ、スタッフ一同楽しみにしております!!

      返信

コメントを残す